★欠陥住宅の保険制度★10月から始まります

欠陥住宅の保険制度が2009年10月から始まります。

皆さん『瑕疵(かし」)担保責任』て聞いたことありますか。

瑕疵(かし)とは傷とか欠陥とも言っていいでしょう。

『瑕疵(かし」)担保責任』は平成12年4月1日から施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」で、全ての新築住宅に対する10年の瑕疵担保期間が義務化されました。
これは新築住宅の請負人または売主は、住宅取得者に対して、構造耐力上主要な部分(住宅の柱や梁基礎など)や屋根等の雨水の浸入を防止する部分の瑕疵について、その瑕疵を修補するなどの義務を負うことになりました。
引渡の日から10年間という期限も明記されました。
つまり、売り主に半永久的に瑕疵責任を負わせることは難しいということで期限設定したのです。

ところが欠陥住宅であっても売主が倒産し、欠陥住宅の修復が事実上困難になったりした場合は泣き寝入りの状態になります。

最近では不動産会社ヒューザーなどの耐震偽装問題では購入者は二重ローンに苦しむ人も多くいます。
私も一級建築士として同業の行いに怒りを感じます。
購入者に何の落ち度もない場合ですら悲惨な状況に追い込まれます。

このような欠陥住宅問題に対し、政府は2009年10月より欠陥住宅被害を補償する新しい保険制度を発足させます。


★不動産会社、工務店など新築住宅の売主すべてに加入を義務付ける。

 保険料を払い保険に加入するか、一定の金額を法務局に供託しなければなりません。

★不動産会社、工務店などから保険を引き受けるのは国土交通省が指定した『住宅瑕疵担保責任法人』

現在5社ありますが資本金など小さいため、問題はどうリスクを軽減するかです。

★住宅瑕疵担保責任法人は損保会社に保険料を支払いリスクを移転します。

つまり再保険ですが損害保険会社の得意とする分野ではあるのですが、大規模マンションなどは特に大きな損害の発生も考えられ、保険料の高騰や引き受ける損害保険会社がない場合も考えられます。
しからば再々保険掛けましょうという考え方です。

★損害保険各社は巨額損失に備え『超過損害プール』を設立。

予め損保各社は超過損害プールに保険料を拠出しておきます。
巨額損失が発生した場合、そこから保険金を支払う仕組みで大手6社が主に利用。
●欠陥住宅の保険金支払限度額は125億円。
超高層や団地型大型マンションなどこれでも不足の場合はどうするかです。

★『超過損害プール』でも足らない損害は政府が設立した『住宅保証基金』が不足分を補てんします。

『住宅保証基金』の現残高は約80億円ですが、将来は100億円まで積み増すようです。
すると全体では約200億円の支払い余力があるということになります。

★問題点
良い制度だと拍手を送りたいところですが、
問題はプールに支払う保険料が損保各社で一律という点。
そうです、独占禁止法に触れてしまうのです
_| ̄|●|||||  ガーン

☆公正取引委員会☆は欠陥住宅保険の公益性を重んじ、今月、独占禁止法の適用除外を決めました。
ヽ(o⌒∇)ノ〆 ヤッター

★注意点

瑕疵担保責任や欠陥住宅保険は新築物件が対象です。
例えば瑕疵担保責任期間が10年だからといって、築2年で中古住宅を購入してもだめなのです。
新築を購入した人が今度は売主になるからです。
理解できましたか?


10月以降に引き渡す新築物件からですよ。



★売主と買主の側からも書かないといけませんね。

 引き渡しから10年以内に雨漏れなどの欠陥が見つかった場合、
購入者は販売業者に補修を要求してください。
販売業者は補修費分の保険金を『住宅瑕疵担保責任法人』の引き受け会社に請求し、住宅保険法人が審査し支払う。

保険料の目安(販売業者)
 一戸建て(床面積120u) 67,000〜92,000円
 マンション(床面積75u) 46,000〜67,000円

保険金  上限2000万円
 ただし売主には補修費の80%


販売業者が倒産してしまった場合は?

購入者が保険法人に直接請求してください。
この場合補修費の100%(上限金額以内)が出ます。

少々長くなりましたが、一読ありがとうございます。
posted by shizuka | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
実は、瑕疵担保責任の話、こないだ聞いたばっかりなんです。
今度、10分位のDVDを見に行く事になってまして。
最初は、自分で負担するのかと思ったのですが、売主負担との事で、一安心です★
10月以降なんですね。
今、地盤調査の段階なんですよ〜。
Posted by だんご虫☆ジェニファー at 2009年04月22日 15:11
だんご虫☆ジェニファー 様

いつもご訪問ありがとうございます。

昨日も居酒屋で友人から欠陥住宅保険の事質問されましたが、
何でも保険で補修してもらえるような意味合いでとられてました。
あくまで主要構造部の瑕疵についてです。
つまり、放置すれば建物そのものの使用に問題がある場合です。
引き渡し後の一般的な補修は各メーカーのアフターサービス基準によるものです。
合わせてアフターサービス基準を予めメーカーから説明を受けてください。
これはメーカーによって期間も補修対象工事も若干違います。

10月以降の引き渡し物件が欠陥住宅保険の対象です。

今日もお伺いしますね。
Posted by オズ at 2009年04月23日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック