★LED電球 あっという間の超低価格化

先日LED電球が白熱60W型相当で4000円を切ってきたと書いたが、
あっという間に2500円に。
40W相当品はなんと2000円切ります。


名古屋では私の知る限りまだ見かけぬが、
12月上旬お目見え予定。exclamation×2

記事:家電Watch

http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20091125_331294.html

ドウシシャ超低価格LED電球

ドウシシャ、40W形で1,980円のLED電球
〜60W形は2,480円


ドウシシャのLED電球「Luminous(ルミナス)」
 ドウシシャは、実売価格で2千円を切るLED電球「Luminous(ルミナス)」を、オリオン電機と共同で開発。12月上旬より、全国のイトーヨーカドー、ホーマックなどを傘下に持つDCMホールディングス系列のホームセンターにて発売する。

 店頭価格は、白熱電球60W型に相当する明るさの「LEC-Q600S(白色)」と「LEC-Q600D(電球色)」が2,480円、白熱電球40W型に相当する「LEC-Q400S(白色)」と「LEC-Q400D(電球色)」が1,980円。

 一般的な電球ソケットのE26口金に取り付けられるLED電球。現在市販されているLED電球は、安くても3千円台のものが多いが、本製品は40W型で1,980円、60W型で2,480円と、市場価格を下回る安価な価格設定が特徴。同社では、「市販されているLED電球に対して5〜6割の価格」としている。

 同社では、低価格を実現した理由について「低価格の小型チップLEDを数十個使ったマルチチップ構造」を採用したことを挙げており、明るさについても「現在LED電球の主流となっているパワーLED型に引けを取らない」としている。

 このほか、定格寿命は白熱電球の40倍となる40,000時間、消費電力は1/8の6.6W(60Wタイプの場合。40Wタイプは4.7W)となっている。

 本体サイズは64×108(直径×高さ)で、重量は110g。色温度は白色タイプが5,000K、電球色タイプが2,900K。LEDの個数は60Wタイプが40個、40Wタイプが34個。全光束は、LEC-Q600Sが420lm、LEC-Q600Dが350lm、LEC-Q400Sが310lm、LEC-Q400Dが235lm。


低価格化に拍車がかかるのはうれしいが、
シャープ、東芝、パナソニックがどう立ち向かうか、
みもの
posted by shizuka | Comment(1) | TrackBack(2) | 雑感・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩はです。
偶然にも今日お友達にRED電球の説明をしようと頑張ったのですが名前が思い出せず「赤電球だったかな?」とか言ってました。
お友達にこのサイトを読んで頂ければ直ぐに分かりますね。
ありがとうございます。
Posted by りーちゃん at 2009年12月08日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134765546
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

 
Excerpt:
Weblog: 
Tracked: 2009-12-06 11:48

日本生命がイギリスのシュローダーと業務提携
Excerpt: 時事ドットコム:日生、英シュローダーズと包括提携へ=資産運用事業を強化 生命保険最大手の日本生命保険は4日、英国の資産運用最大手シュローダーズと包括的な業務提携関係を結ぶ方針を固めた。年内にも正式決定..
Weblog: ニュースメモ
Tracked: 2009-12-08 01:50