糖尿病歴25年 オーバーナイト透析 いよいよ透析の準備段階

糖尿病と診断されて25年。
薬服用〜インシュリン&薬併用でやってきましたが、
いよいよ透析の準備段階へと。

クリニックの主治医から、
「どこかご希望の透析病院はありますか?」

私「○●病院を紹介していただきたいのですが。
ここは、オーバーナイト実施してますので」

というわけで、来月紹介状をいただける運びに。

透析は聞いたことあるかと思いますが、
オーバーナイトをしてる病院は少ないのです。

通常の透析は約5時間目安で日中及び夕方〜夜10時頃までで終了。
限られた時間の中で尿毒素を取り除くわけですから、
低血圧や食欲不振・口渇・貧血・倦怠感・足のつり・かゆみ・皮膚の褐色化等の症状が出やすくなります。

これに比べオーバーナイトは夜11時頃から朝7時頃までの約8時間行います。
したがってゆっくりと行いますので上記の症状が出にくい事と、
寝てる間の透析なので精神的にも楽と言われてます。
但し、スタッフの問題などで実施してる病院が限られてることがネックです。

私も今すぐに透析というわけではないですが、
クレアチニンの値(腎臓の機能状況)が急に上昇した(機能低下)場合も考えて、
透析病院に通院した方が良いとの主治医の判断。

当然、透析の前にはシャント手術(透析ができるよう動脈と静脈を繋ぐ)も受けておかなければなりませんし、
準備段階というところです。

なってしまった病気はしかたがないとしても、
病院とはしっかりお付き合いしていかなければなりません。
特に糖尿病は自覚症状ないですから、
十分お気を付け下さい。

posted by shizuka | Comment(0) | TrackBack(0) | 美容健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック