トヨタ2000GTに当ててしまったら

運転をしていると何にぶつかるか、予想もしないものに・・・
よりによって2000GTだったら?

対物無制限だから何ぼでもOKだなんて考えてる人、
恐ろしいことが起こりますよ。

100%こちらが悪い過失割合100%としましょう。
相手方の車の時価が30万円。修理費用が70万円かかったと仮定しましょう。
この場合、対物保険から支払われる保険金は70万円ではなく、時価額の30万円だけです。
修理費用70万円と時価の差額である40万円は保険金が降りません。
これは法律上賠償責任は時価額までとなっているからです。

一般的に10年たてばどんな車も新車価格の10%程度が相場。
2000GTに限らずプレミアムの付いた旧車・人気車は、
提示される時価額では納得されない方が多くいることも事実なのです。

こういう場合の怖いところは、
加害者に直接支払いを求めてくるものです。
過去には裁判沙汰となり、
それがもとで殺人事件にまで発展した事例もあるほどです。

さてこんな場合の保険ですが、
【対物超過修理費用補償特約】があります。
この特約では先の例では40万円の差額分が特約で補てんされます。

メリットは
・示談交渉がやりやすくなる
・被害者を救済しやすくなる
・保険料は安い(年間数百円程度)

ほんとにいい特約ですが、損保会社の上限はほとんど50万円。
2000GTの修理に使えるかどうか?心配?

あります!!
チューリッヒの特約は無制限も選べますよ!

今日も安全運転でどうぞ!





posted by shizuka | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。