★スタッドレスタイヤ 冬に欠かせませんが・・・

冬には重宝するスタッドレスタイヤ。

最近のものは雪にも、アイスバーンにもグリップ性能上がってます。

こんなスタッドレスタイヤは万能に思われる方いませんか。

ちょっと性能について整理してみましょう。

◆その1

誰もがスタッドレスタイヤはいてドライブすると感じることに、

コーナリング時のタイヤのヘタリ感が強い(ロール感が大きい)と思うのでは?

これはゴムの性質が柔らかくできているので当たり前のことですね。

◆その2

雨などで路面が濡れている場合、スタッドレスはノーマルタイヤと比べて優れるでしょうか?

皆さんどう思われますか?

答えは、すごーく劣るのです。

あのタイヤのブロックを見ると雨に強そうに見えますが、

これは雪をつかむ為のブロックパターンで、

F1のレインタイヤの溝とは明らかに溝の切り方が違いますよね。

これが一番危ないスタッドレスタイヤの性能の誤解なのです。

JAFの試験では濡れた路面で1.5倍制動距離が延びると出ています。

乾燥路面でもスタッドレスはグリップ力が劣るため、制動距離が延びますが、要注意は濡れた路面なのです。

春先以降、スタッドレスをはいて運転する人は特に注意が必要です。

もったいないから使いきろうとすると、溝は減っているため危険度大です。

◆その3

スタッドレスは何シーズンまで使えるか?

これは最大3シーズンです。

JAFの試験データでも出てますが、

4年目は明らかに性能が落ちます。

これはゴムの柔軟性能が落ちるためです。

推奨は2年ですが、溝が残ってても4年目は履かないのがベスト。



■ところで私は2年で使い切り派(もったいない派)。

2年目は春以降も溝がある限り履いてます。

注意するのは車間距離とスピード、雨降りはとにかく車間距離。

冬の道以外はノーマルタイヤに性能では勝てません。

くれぐれもスタッドレスを過信なさらぬように。



posted by shizuka | Comment(0) | TrackBack(0) | 車用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。