損害保険会社 ソルベンシー・マージン比率2015 A

ソルベンシー・マージン(Solvency Margin)比率とは、
一言で言えば「支払余力」のことです。
予測リスクを大幅に超えて発生するリスクに対応できる支払余力のこと。
【リスク】とは、大災害の発生等で保険金支払いが急増したり、
為替相場の激変や株価暴落などのことを指します。

ソルベンシー・マージン比率が200%であれば、
全契約者すべての支払い保険金の2倍の資金が準備されているという意味です。
200%未満100%以上になると、金融庁から行政指導が入ります。
200%を超えていれば安全だといわれていますが、
多いにこしたことはありませんね。

外資系損害保険会社 ソルベンシー・マージン比率
2015年 比率高い順
                    2014年    2015年
ロイズ・ジャパン株式会社         2043.1%  1959.1%
アリアンツ火災海上保険株式会社      1237.6%  1383.2%
エース損害保険株式会社         1043.3%  1138.5%
アトラディウス信用保険会社        1319.4%  1132.0%
フェデラル保険              1051.6%  1107.1%
ユーラーヘルメス信用保険会社       1641.0%  875.5%
HDI-Gerling保険会社           794.1%  873.0%
現代海上火災保険株式会社         735.7%  830.6%
アクサ損害保険株式会社          840.5%  813.4%
AIU損害保険株式会社           780.3%  738.3%
アメリカンホーム医療・損害保険株式会社   792.8%  736.4%
スイス再保険会社             658.0%  665.8%
トランスアトランティック再保険        442.7%  661.8%
スイス・リー・インターナショナル・エスイー   626.6%  660.5%
カーディフ損害保険会社           668.1%  641.2%
チューリッヒ保険会社            453.0%  564.8%
ニューインテ?ィア保険会社          567.8%  439.8%
ゼネラリ保険会社              274.3%  274.1%
コファスジャパン信用保険会社        1325.5%  201.3%

損害保険会社 ソルベンシー・マージン比率2015 @
posted by shizuka | Comment(0) | TrackBack(0) | 生損保会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

損害保険会社 ソルベンシー・マージン比率2015 @

ソルベンシー・マージン(Solvency Margin)比率とは、
一言で言えば「支払余力」のことです。
予測リスクを大幅に超えて発生するリスクに対応できる支払余力のこと。
【リスク】とは、大災害の発生等で保険金支払いが急増したり、
為替相場の激変や株価暴落などのことを指します。

ソルベンシー・マージン比率が200%であれば、
全契約者すべての支払い保険金の2倍の資金が準備されているという意味です。
200%未満100%以上になると、金融庁から行政指導が入ります。
200%を超えていれば安全だといわれていますが、
多いにこしたことはありませんね。

日系損害保険会社 ソルベンシー・マージン比率
2015年 比率高い順
                  2014年   2015年
明治安田損害保険株式会社     5024.6%  5036.7%
日立キャピタル損害保険株式会社  2456.3%  2645.7%
ジェイアイ傷害火災保険梶@    1434.4%  1497.8%
日新火災海上保険株式会社     1064.5%  1127.7%
共栄火災海上保険株式会社     921.4%  977.9%
富士火災海上保険株式会社     939.9%  919.5%
あいおいニッセイ同和損害保険梶@ 804.9%  829.3%
エイチ・エス損害保険梶@     764.9%  808.1%
トーア再保険株式会社       851.4%  792.0%
東京海上日動火災保険株式会社   751.7%  746.3%
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 716.3%  729.3%
セゾン自動車火災保険株式会社   893.6%  725.8%
ソニー損害保険株式会       629.6%  693.5%
朝日火災海上保険株式会社     804.9%  666.4%
セコム損害保険株式会       639.9%  644.7%
そんぽ24損害保険株式会社     523.9%  640.6%
三井住友海上火災保険株式会社   651.5%  585.9%
au損害保険株式会社        434.8%  564.3%
イーデザイン損害保険株式会社   917.2%  541.5%
大同火災海上保険株式会社     501.0%  450.7%
日本地震再保険株式会社      354.5%  392.1%
アイペット損害保険株式会社    330.3%  379.2%
SBI損害保険株式会社        349.3%  330.5%
アニコム損害保険株式会社     288.7%  282.6%
三井ダイレクト損害保険株式会社  255.9%  230.4%


損害保険会社 ソルベンシー・マージン比率2015 A
posted by shizuka | Comment(0) | TrackBack(0) | 生損保会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せの6項目

国連による幸福度ランキングが発表されました。

1〜10位はスイス、アイスランド、デンマーク、ノルウェイ、カナダ、フィンランド、オランダ、スウェーデン、ニュージーランド、オーストラリアの順。
ちなみに日本は46位ですが、
ベストテンに大国はひとつも入っておりません。

幸福度の尺度はいちがいに言えないかもしれませんが、
概ね下記の様な項目が一つの要素であるらしい。

幸せの6項目とは
1 教育文化レベルが高い
2 IT分野に強みがある
3 自然環境と治安が整備されている
4 医療費と教育費がかからない
5 労働時間が比較的に少なくおおらかで親切な国民性
6 物質主義ではなく精神性が高く、趣味や家庭を大切にしている

日本にとっては1〜3はまあまあのレベルかと。
一方、4〜6はこれからの課題ってところでしょうか。
posted by shizuka | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学・ええ”〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車保険満足度ランキング2016


価格.com 調べによる
自動車保険 満足度ランキング2016 は

総合
1 SBI損害保険
2 セゾン自動車火災損害保険
3 三井ダイレクト損害保険

保険料
1 SBI損害保険
2 セゾン自動車火災損害保険
3 三井ダイレクト損害保険

保障内容
1 セゾン自動車火災損害保険
2 イーデザイン損害保険
3 チューリッヒ保険会社

顧客対応
1 AIU損害保険
2 日新火災海上保険
3 あいおいニッセイ同和損害保険

事故対応
1 日新火災海上保険
2 富士火災海上保険
3 三井住友海上火災

個別見積りはめんどくさ〜いっと方は  一括見積








posted by shizuka | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今時、損保代理店で自動車保険なんて・・・

未だに自動車保険は損保代理店でとお考えの方、
お付き合いがよほどよろしいのでしょうねぇ。
代理店手数料払って契約してるのですから。(笑)

最近はTVCMでも直販タイプを宣伝してますが、
これで十分です。

代理店だって本音を言わせれば、
手数料は安くて事故でも起こされたら”めんどくせ〜”

そこで登場が自動車保険一括見積サービス。☟




最大20社となっていますが、
多すぎてめんどくさ〜って言う方は、
ソニー損保、アクサ、チューリッヒあたりを比較しても十分です。


posted by shizuka | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする